プロフィール

ヒョウ

Author:ヒョウ
(mixi)
当サイトはリンクフリーです。

FC2 Ranking
FC2 Blog Ranking

最近の記事(30)
カテゴリ展開メニュー
  • 未分類(0)
  • 音楽(112)
  • 漫画(15)
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索
ユニークカウンター
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) |
■ハチミツとクローバー10 / 羽海野チカ
ハチミツとクローバー 10 (10)
羽海野 チカ
集英社 (2006/09/08)


 いいよ…
 返さなくていいよ
 全部やるよ


 青春物語「ハチミツとクローバー」いよいよクライマックスとなる第10巻。手に汗を握ってどう収拾つけるのかと悶々としていた読者が待ち望んだ、笑いあり涙ありの最終巻です。
 最近ハードな展開が続いてましたが、これでやっとそれぞれの物語にそれぞれの決着がついていきます。これがまた「はいこれでおしまい、めでたしめでたし」という感じじゃあ無いのが上手いというか何と言うか、さすがハチクロなんだなあ。
 はぐであれ竹本であれ森田であれ、彼らの日常はまだこれからも続いていく訳で、この先楽しかったり辛かったりする事も沢山あると思うけど頑張って欲しいですね。



 という事で好きな場面。
 花本先生の年甲斐も無いピュアさ丸出しのアレには素直に尊敬。その後の青春様には笑わせてもらいましたが。やっぱこのコミカルさがいいよね。森田・竹本のどつき愛とかもう最高。
 逆にしんみりきたのがフロイド・エレクトリック社長のその後とか。敵役にあんな愛情溢れたシーン持ってくるなんてもう完敗です。あと声をかけずに見送る竹本とかすごく美しいシーンだったと思う。
 でラストシーンのサンドイッチにもやられた。「ハチクロ」ならではのネタなんだけど、四つ葉だよ?探してたんだよ?涙腺緩むっての。

 それからこの巻は本編が4話に番外編が2話、あと読み切り作品が2話という構成だったんですが、番外編もキュートでコミカルで面白かったです。山田かわいいなあ。そういや本編ではっきりとした「区切り」を匂わせなかった彼女ですが、山田はこの「片想い乙女」なのが売りのひとつなのでしばらくこのままで!いや、最終的には野宮と上手くいって欲しいんですけどね。

 で読み切りの「星のオペラ」の方。「ドラえもんのひみつ道具をひとつ使ってストーリィを作る」という企画で描かれた作品だそうですが、これが素晴らしくSFファンタジーな傑作。まさかあんな道具でこんなに切なくていとおしい作品を作るなんて…ただただ脱帽でした。

スポンサーサイト
漫画 | 【2006-09-12(Tue) 13:40:27】 | Trackback:(1) | Comments:(0) |
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ハチミツとクローバーハチミツとクローバー(はちみつとくろーばー)は羽海野チカ作の漫画。美術大学を舞台に、恋愛に不器用な大学生たちの報われない恋模様をリアルに描き、若い世代の支持を得た。Chapter.1から14まで、『CUTiEcomic』2000年6月号から2001年7月号に掲載さ
【2007-10-15 Mon 20:42:45】 | このマンガが読みたい!
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。